風俗給料のすべて

給料に影響する人事考課に臨む心構え

人事考課に臨む心構え

人事考課とは、企業が従業員に対して定期的に行う、貢献度や業務の遂行度を評価する機会です。

給料の増減のタイミングでもあり、上がったり下がったりします。

マメな会社では年に4回行われたりする一方で、ズボラな会社では全く行われなかったりする場合もあります。

さて、そんな人事考課に対する心構えについて考えてみたいと思います。

企業に属して仕事をする以上「労働力」と「給料」の取引であり、立場は平等です。

それにも関わらず、日本では企業が上というイメージが根強いです。

そろそろ日本でも、労働者が企業に対して毅然とした態度で接してもいいと思います。

人事考課の場では、多くの場合「社長などの役員」「自分をマネジメントする上司」「自分」の三者で行われます。

この場合、自分以外の二者は敵と考えていいと思います。

社長はいかに従業員を安い給料でたくさん働かせるかを考えますし、上司は部下への厳しさを社長にアピールします。

二対一の厳しい局面ではありますが、自分のした仕事は自分一番良く分かっているはずです。

少しオーバーにアピールするくらいでちょうどいいと思います。

さらに狡猾な会社だと、人事考課の日程をアナウンスせず、ある日突然行うケースがあります。

これは、相手に心の準備や資料を整理する時間を与えず、一方的な展開に持ち込む事を狙いとしています。

そんな会社の場合でも人事考課を行う月はだいたい決まっていますので、不意打ちを食らった時は、今後その様なことがない様に人事考課のタイミングをある程度見定めておきましょう。

風俗でも給料に影響する人事考課に臨む心構え 関連ページ

人事考課に対するみんなの意見まとめ

↑ ページ上部へ